【支援活動報告】サイクロン被災地編③

NGO活動

先日は、バングラデシュ・クルナ管区・アシャシュニ郡の避難所生活についてお伝えさせて頂きましたが、今日は家が流されたり、壊れたりしてしまい、暮らせない人々が簡易的なテントを作って暮らしている様子をお伝えします。避難所に人が多いことや、プライバシーが保たれない問題から、避難所を出る選択をして、自分たちで小屋を作り、暮らしている方々がいます。サイクロンで浸水してしまった家から、ベッドや家具など、探すことができたものをここまで持ってきて、使っているそうです。屈んで入ることができる小屋の中に、2家族ほどが避難しているところもあります。◆ご支援方法◆8月31日までご支援のご協力をお願いしています。

【支援方法】〇リターン:オンライン中間報告会参加(7月25日予定)+支援活動報告書https://kolpona.stores.jp/items/5efbf292ec8fd36bff608a4e〇リターン:支援活動報告書のみ(5000円以上のご寄付頂いた方は中間報告会に参加可能です)https://kolpona.stores.jp/items/5eeb5d3a561e175764cf2062

文責 田中志歩

コメント

タイトルとURLをコピーしました